オレンジist
清水エスパルスとミスチルをこよなく愛するスロリーマンのブログです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
北京観光 -故宮編-
いざ故宮へ!
・・・とその前にチケットを買わなきゃ入れません。
チケットを買うべく、売り場の長蛇の列に並んでいると、
列の前のほうから何やらしゃべりながら歩いてくるおっちゃんが。。。
どうやらチケットを売ってるみたいです。
日本で言ったらダフ屋ですかね。。。

ダフ屋のおっちゃんは無視して正規のチケットを購入。1枚40元です。
さぁ 午門くぐるよー!
20051106220909.jpg

午門には、故宮についての説明と案内図が大きく書いてありました。
(書いてあったというか、石に彫ってありましたね。)
英語と日本語での説明書きもありましたよ。
20051107012153.jpg

案内図
20051107012917.jpg

中国でよく目にする誤字や脱字は、さすがにここにはありませんでしたね。

午門を抜けると太和門広場が目の前に広がり、その向こうに太和門が見えます。
太和門を抜ければ、太和殿があります。故宮のメインの建造物です。
これが太和殿
20051107211955.jpg

入り口は開放されていますが中に入ることは出来ません。
中には皇帝が座っていたイスがあります。
このイスの写真を撮るために、入り口付近は人でごった返しています。
さながら”浜松まつりの練り状態”といったところでしょうか。
とてもこの中に飛び込んでいく勇気はありませんでしたので
遠目から肉眼で確認だけしておきました。

しかし故宮は広いです。全部回ろうと思ったら丸1日以上はかかると思います。
この日は、故宮以外にも行きたい所があったので、
故宮のメインストリートを一通り見学して、故宮を後にすることにしました。

その他、故宮で撮った写真です。

建物の前の両側に必ず座っている獅子
20051107213747.jpg

日本で言ったら狛犬ですかね。

こんなところにも獅子はいます。
20051107214001.jpg

この屋根の獅子も全ての建物にいました。芸が細かいですね~

続きは、北京観光 -天安門広場~王府井編-で
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この狛犬ってかつてもとさんが手を噛みつかれていたあいつ?

でも、天安門同様ガスっているので余計にすげぇ遠くにあるように見えるね。
2005/11/07(月) 22:29:42 | URL | MIZZ #-[ 編集]
そういえばそんなことがありましたね!
でもあれってカエルじゃありませんでしたっけ?
2005/11/07(月) 23:05:35 | URL | livingbeijing #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。